グリーンダイニング株式会社 代表取締役社長
わたしは30歳までに独立しようと思い、18歳の時に東京の下町の寿し屋さんに見習いに行きました。
理由はいたって単純、その当時「前略おふくろさん」という萩原健一主演のドラマにあこがれちゃったんですよ。
つらい修行に耐え、仕事をしている姿ってかっこいいですよね。
見習いも 5 年が過ぎ、仕事も社会も何となく分かってきた時、あと30歳まで何をしたら独立できるんだろうと考え悩みました。
最初の店をあがり一店、二店と寿し屋さんで修行をしている時、独立心、夢、目標がない板前が多いことに驚かされました。
このままでは、私も同じようになると考えた時、技術だけで商売は成り立たない。店舗運営のやり方も一つの技術なのではないかと思い、大手チェーンへ入社して「お客様の気持ち」や「商売の数字」「人の動かし方」と言ったことを学びました。
「はな膳」の従業員は調理技術を学び、店舗運営のやり方にも目を向けております。寿しの技術の昔ながらの基本を崩さず、新しい商品の開発にも力を入れていきたいと思います。
現在、和食レストラン「はな膳」が18店舗、十割そば・魚菜を主体とした「ちょいはな」が 2 店舗、仕出し(お届け)料理店が 4 店舗、豚肉料理店が 1 店舗、博多もつ鍋店「じきもん」が1店舗、海鮮和食レストラン「はなぜん」が1店舗、立ち飲みもできる海鮮居酒屋「なぶら家本店」が1店舗、本格海鮮居酒屋「高橋水産」が7店舗営業しております、どの店舗もお店の近くのお客様があらゆる動機で利用され、「はな膳があって良かったね」と言って頂けるような地域に太い根がはれる店舗にしていきたいと思っております。
商号
創立
創業
代表取締役
従業員
 
資本金
年間売上
事業内容
グリーンダイニング株式会社
平成4年6月1日
平成4年11月30日
高 橋 秀 明
社員 85名
パート・アルバイト 370名
1000万円
35億
和食レストランタイプの本格鮨「はな膳」の経営
高級仕出し料理店の経営
十割そば・魚菜「ちょいはな」の経営
豚料理・魚奉行「そらの豚」の経営
魚奉行・博多もつ鍋・串焼「じきもん」の経営
海鮮和彩「はなぜん」の経営
魚奉行「なぶら家本店」の経営
本気居酒屋「髙橋水産」の経営
統括本部


 
営業本部
 
店舗数
千葉県船橋市市場1-8-1
船橋市地方卸売市場
西側加工センター 2F
TEL.047-481-8781
千葉県松戸市北松戸2-6-1 岡田ビル3F
TEL.047-361-8022
はな膳 18店舗
仕出し及び出前 4店舗
ちょいはな 2店舗
そらの豚 1店舗
じきもん 1店舗
はなぜん 1店舗
なぶら家 3店舗
高橋水産 7店舗
 
 > プライバシーポリシー 
Copyright Ⓒ 2011 Hanazen All Rights Reserved